みんなが知らないjcss校正のメリット

jcss校正という言葉を聞いた事はあるでしょうか。jcssとは、計量法に基づく校正事業者登録制度の事です。日本における制度で、ISO国家規格に準拠した校正を行ないます。jcssが提供する国家標準器は、長さ、質量、時間、湿度、光、角度、体積、流量、振動加速度、電気、密度、力、圧力、トルク、粘度、熱量、熱伝導率、音響、濃度、放射線、硬さ、衝撃値、湿度です。一般の校正との違いは、信頼度にあります。一般の校正では校正を依頼する側と提供する側が、自ら証明していかなくてはなりません。しかし、jcssは第三者の視点で認める物であるため、安心感があります。つまり、第三者に提示する時にしっかりとした信頼性が付与されているという事になります。そのため、jcssを用いた校正のメリットは多く存在します。

jcss校正について詳しく説明します

例えば、流量計の校正をしたとします。一般の校正では、流量を証明するのに明確な値が存在しません。依頼した側と提供する側の間では信頼性があるかもしれません。しかし、第三者に提示した時に信頼される可能性は低くなってしまいます。それを、jcss校正したとします。すると、しっかりと基準を満たした認定事業者により校正されます。校正証明書を発行する事も可能です。そうなると、信頼性が一気に増します。ISOの規格に準拠しているため、国際的にも信頼されます。規格というものは何においてもそうですが、信頼性が大切です。信頼があるかどうか見極めるためにも、商品についている企画のシンボルマークの有無が、大きな影響力を持ってきます。では次は、jcss校正のメリットについて見ていきましょう。

jcss校正のメリットについて

jcss校正のメリットですが、前述した様に信頼性や安心感があるのと同時に、国際的にも通用します。校正証明書を発行できますし、しっかり証明できます。不確かさが明確になっている為、品質管理に有効活用できます。また、社内計量標準として使用する時にも便利です。何故なら、あとから経緯を追う事ができるトレーサビリティが確保されているからです。何か問題が起きた場合、しっかりとした根拠があるものに関しては調べなおす必要が無くなります。そういった場合にも、あとから経緯を追う事ができるのは非常に便利です。この様に、jcssは計量法に基づいた校正事業者登録制度ですので、しっかりとした根拠のある信頼性とトレーサビリティを保つことができる、メリットの多い校正方法になります。もちろん校正を受けるのに費用はかかりますが、費用をかけても得る事が多いと考えられます。