いったいjcss校正とはどういうものなのか

何かを製造するときや検査、研究などを行う際は、必ず測量、測定が必要になります。測定を行う方法や測定を行うものは重さであったり長さであったり、速さであったりとさまざまです。それぞれモノの測定には測定を行うための機器が使用されますが、その機器の測定や測量に誤りがないかを測定することを校正といいます。ただし、その校正を行う機器が正確でなければ正しく測定することができません。正しく測定を行うための標準となるものが国家標準器であり、その技能を認められた事業者はjcssと言われる制度によって認定され、認定事業者により校正することをjcss校正といいます。jcss制度は日本のみの基準ではなく、国際的な校正に関する基準を満たしている事業者を登録する制度です。jcss校正の結果は国際的にも信用されるものとなるため、グローバルな取り引きを行う場合などには有効な制度でしょう。

グローバルな観点からのjcss校正証明書の有効性

日本の測量法では国内における測定の単位を定め、研究や商法の公正化を図ってきました。SI、国際単位系の世界的普及により、国際的な計測、単位の統一が大きく注目されるようになりました。jcss制度は国際的な校正の基準を満たしている事業者を登録する制度です。校正のレベルが国際規格に適合しているかを審査され認められた事業所が認定を受けているため、jcss校正は世界的に認められたものとなります。日本でもグローバル化が進み、国内のみならず世界を相手に取引が行われる現在では、世界基準を審査され登録されたjcss校正を用いることで、国内だけでなく海外での取引に際しても品質の証明となるのです。各国の基準、規定の校正を行ったとみなし証明されるため、面倒な手続きや大きな費用、更には無駄な時間を使わずとも国際的な取り引きが可能となります。

トレーサビリティにより高まる信頼性

トレーサビリティとは測定の結果にどれだけの正確性と信頼性があるかを証明するために、その測定を行った機器の校正がしっかりとした基準などに対する連続した比較校正の流れにあるかということです。要は、校正を行った機器の校正をどの機器が行い、その機器をさらにどの機器が行ったかなど遡ることが出来るということです。jcss校正にはトレーサビリティという特徴があります。jcss校正を行った場合では、校正を行った測定器はjcss校正証明書に明記され証明書が発行されます。校正証明書にはjcss校正のマークがついているため、その測定器は世界的に信頼のある測定器として認められるのです。トレーサビリティはその証明を受けた測定器の校正機器、更にその校正機器と辿ることができるため、その正確性、信頼性は高い評価となるのです。また、国外での試験など受ける必要がなくなるため、国際的な取り引きには重要なものとなります。

当社の実績とは、技術資格保持者による公平公正、中立的な立場での厳正な検査と検定を行なっている事です。 特定校正は、計量法校正事業者登録制度(JCSS:Japan Calibration Service System)の登録を受けようとする事業者及び登録を受けた事業者の標準器(特定二次標準器)の校正を行います。 校正に関する問題や作業効率でお悩みの方はjcssに相談ください