なぜjcss校正はどこが優れているのか

jcssという言葉は日常であまり聞かない言葉ですが、計量法に基づく日本の認定制度の事です。簡単に説明するとISO17025に準じた計測器を校正するための制度で、経済産業省が所管しています。ISO17025について耳にしたこともない方は珍しくもなく、正しい意味合いとしては国際標準化機構が定めている試験所などの校正機関が適性能力を有しているのか図る国際標準規格です。jcss校正でも検査成績表、校正証明書など種類があります。修理工程も複数選べ、修理して調整をしてから校正する場合、校正のみの場合、校正して調整を行なってから再度校正をする3パターンから選べます。校正は難しい言葉ですが、標準器、標準試料等を用いて計測器の表す値と、その真の値との関係を求めることを指し、jcss校正にも疑問開設サイトがあります。

実は知られていないjcss校正のメリット

jcss校正と言われても中々ピンとこない人が多いと思いますが、この機会にjcss校正についてのメリットを勉強していきましょう。校正とは計器類の制度を標準器と比較し狂いがあったら直すことです。何かを測定して使う機器は使用するたびに摩耗や劣化で変化します。校正された標準器は社内で最も正確な時計に合わせて他の時計も調整した物です。世界で通用するには国際的に正しいと規定された標準によって校正されることが重要視され、それがjcssの校正計量標準供給制度です。計量法に規定されている国家標準器まで必ず追跡できることがjcss校正のメリットです。ただし校正には技能が必要です。ISO17025の適合性を審査し認定を受ける事により技能が確実な事業者に国家標準器との比較をしてもらうことで確実な校正してもらうことができます。

jcss校正の評判が良いのはなぜか

jcss校正の優れている点の一つは計量法で定めた国家標準器まで追跡出来ることです。データ測定の信頼性を確保する為にできたのがjcss制度で測定を行う計量器の正しさを確保する目的で運用されています。測定を決められた手順で教育訓練された測定者が測定機器を使って行い確認する必要があり誤差があれば必要に応じて調整します。校正を正しく行うことができる機関として認められたのがjcss認定業者です。jcss認定業者に校正を依頼することにより不確かさを保証することができ優れていることが証明できます。日本工業規格であるJISでもjcssの校正証明書を推奨していることからjcss校正がいかに優れているのかがわかります。jcss校正の確かさを求めるものにこの制度が指定されるものが増えてきています。元のデータに小さな誤差があることで結果大きな誤差になることも想定され、それを防ぐことがjcss校正制度の目的です。